和食

食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る

便利な宅配サービス

和食

「腎臓病」の人は食事に気を使い、うまく付き合っていかなくてはならない。たんぱく質やカリウムを制限するのはたいへんだが、最近は便利な宅配サービスというものもある。1日に必要な栄養を手軽に摂取できるという。

View Detail

腎臓のために出来る事

男の人

腎臓病の時には食事療法が必ずと言ってよいほど重要であり、必要となってくるのです。工夫することで、腎臓にどのような影響を与えるのか、また腎臓病のための食事の注意点を知る必要もあるのです。食事療法を正しく行い、体を健康に保つことが大切です。

View Detail

腎臓に負担をかけません

男女

食事療法は腎臓病患者にとって不可欠のものですが、自己流だと栄養バランスが欠けてしまう可能性があります。そのため、病食を提供している業者にお願いするのがいいでしょう。そこでは管理栄養士がバランスのとれた食事を提供してくれます。

View Detail

病院食はエネルギーも必要

食事

若年層の味の好み

食事療法は自己管理1つで良くも悪くも傾くため、工夫することが健康へ結びつく第一歩になります。近年、若年層にも腎臓病のリスクが問題化されており、食事療法での献立に難色が示されています。薄味でワンパターン化のイメージのある病食ですが、ご飯よりパン食派など、洋食を好む若年層向けにたんぱく質量が調整されたパンも提供されています。腎臓病食では制限したいたんぱく質や塩分が調整されているだけで、食べ盛りの若年層のおかずの品数を増やすことができます。例えば、食パンも低たんぱく質を意識したパンに置き換える工夫で、ハムエッグやヨーグルトをプラスした動物性たんぱく質を補え、エネルギー量を増やすことができます。制限に難色を示す場合にも、サンドイッチなど、色々なアレンジができる上、手軽にエネルギーアップを図れるのが魅力です。

万が一の時の食

尿の排出機能に異常をきたす腎臓病ですが、血圧を調節し、赤血球を作るホルモン分泌にも働きかけるため、乱れた生活習慣がキッカケで発症する場合も問題視されています。食事量やカロリー、たんぱく質の把握は腎臓病食では最も重要で、確認も含め、バイキング形式で料理を選択することが医療機関でも推進されているほどです。取り終わった料理の栄養面の計算を行うことにより、腎臓病リスクを気にかける場合、改善や対策の目安にできます。腎臓病食では主食を制限するケースが多く、近年ではたんぱく質だけではなく、リンやカリウムまでがカットされたご飯も提供されています。食事療法による摂取に気を配りたい方に適しており、近年では自然災害などの問題からも、備蓄用食事にも賢く病食品の利用ができます。