便利な宅配サービス|食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る
男性

食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る

便利な宅配サービス

和食

解凍すれば良い

腎臓は体内に蓄積された老廃物を尿として排出させたり、血圧をコントロールする役割を果たしている。それがなんらかの原因でこの機能が正常に働かないこともある。症状が悪化すると腎臓病になってしまうこともあるという。腎臓は2つあり、ひとつずつ悪くなることはない。ダメになるときは1度に2つダメになり、悪くなってしまったら、もとに戻らないと言われている。腎臓病を発症させてしまったら、食事療法でうまく付き合うことが要となる。毎日仕事でひとり暮らし、食事を作る暇などないという人のために宅配サービスもあり、腎臓病の人が必要なカロリーやたんぱく質を摂取できるという。 冷凍しておいて、食べたいときに解凍すれば良いので重宝する。

水分補給も重要

「腎臓病」と診断された人は老廃物を溜めない食事をしなくてはならない。それには老廃物の原因となるたんぱく質を大幅に抑える必要がある。 吸収の良い良質なたんぱく質を厳選するのがポイントとなるので、宅配サービスを利用する人は「アミノ酸」を多く含む食品が使われているか調べておく。本来「カリウム」は体の中に溜まった老廃物を排出させるものだが、腎臓病の人は控える必要がある。くだものや野菜に多く含まれているので、食事をするときは水にさらしてカリウムをカットしておくと良い。腎臓病は水分の取りすぎは良くないと言われているが、制限して脱水症状をおこすこともある。水分は小マメに補給し、上手に取り入れなくてはならない。