腎臓のために出来る事|食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る
男性

食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る

腎臓のために出来る事

男の人

腎臓のための食物の工夫

腎臓病の際、食事を工夫することは非常に重要で、やる必要があると言ってよいでしょう。食事療法では、腎機能の低下の進行を抑えることで腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことが可能です。腎機能の低下によって健康な時には正常に行われる老廃物の排泄、例えば尿素や窒素、クレアチンなどが体内に蓄積し、体に負担を掛けてしまうのです。ですから、食事によってそれらの量を制限する必要があるのです。また、体内の食塩や、水分、カリウム、リンなどの量や濃度のバランスを保ち、維持することで体調を整えることも大切です。腎臓病の時は、ナトリウムの排泄機能が弱まるので、塩分を抑えることも必要なのです。腎臓病になった時、食事療法は自分で出来る治療ですから、注意点をしっかり押さえて実行することが必要です。

腎臓のための食物の注意点

腎臓病を悪化させないために毎日の食事で気を付けるポイントは、実は疾患ごとに違っているのですが、大まかに言ってしまえば、以下のようになります。タンパク質を取り過ぎないこと、塩分を控えること、エネルギーは適正量をしっかりとること、カリウムやリン、また必要であれば水分を制限することです。タンパク質はごはんやパン、麺類や肉、魚、卵、豆腐や甘い物などにも含まれており、老廃物の排泄にかかわってくるのです。塩分はハムやソーセージなどの加工食品、かまぼこやはんぺんなどの練り食品や調味料などに含まれており、ナトリウムの排泄にかかわるのです。カリウムは生野菜や芋、生の果物などに含まれており、カリウムを軽減する調理法として細かく刻んで水にさらしたり、ゆでて煮汁を捨てたりすることで軽減できるでしょう。リンや水分は症状によって制限するのがよいでしょう。腎臓病の時には、特に食品に含まれる成分に注意しなければならないのです。制限することで体を健康に保つよう努力する必要があるのです。