腎臓に負担をかけません|食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る
男性

食事で腎臓病は防げる|自己管理が鍵を握る

腎臓に負担をかけません

男女

数値にも期待

腎臓病では、生活の改善が非常に重要です。バランスのよい食事と適度な運動が必要で、うまく改善できれば症状を悪化させずに済みますが、改善がうまくいかなかった場合には最悪のケースとして、透析や移植も必要になってきます。最悪の事態を避けるためにも、食事では減塩とたんぱく質や脂質の制限を行いましょう。これらは、腎臓に負担をかけ、臓器を疲労させるので、高ナトリウム、高たんぱくや高脂質の食事は避けなければなりません。自分で腎臓病に対応した食材で調理を行い、腎臓に配慮しているのにクレアチニンの数値が下がらない人がいますが、自己流では緻密な栄養素の計算ができていないこともあります。また、加工食品に含まれる隠れ塩分も原因になります。

隠れ塩分、脂肪分

腎臓病の食事では、加工食品の隠れ塩分も考慮しなければなりません。ほとんどの練り物、揚げ物にはつなぎに食塩が使われています。うどんやパスタ、ラーメンなどの麺類も例外ではありません。調味料に含まれる塩分も、摂取量に配慮しないと累積して結果的に塩分過多になってしまいます。肉類では、ハンバーグやソーセージなどには脂肪分が多く、つなぎの塩分も含まれています。このように、腎臓病の食事には気をつける必要のあるポイントが数多くあります。専門的な知識のない人が見落としがちな落とし穴があるのです。自分で食事療法を行って効果が出ない場合は、病食を提供する業者に依頼することもできます。管理栄養士がしっかりと管理した食事が摂れます。